★アリ
まだ21歳だった頃のことです。
オーストラリアのカカドゥー国立公園のキャンピングツアーに行きました。
キャンプ中はガイドさんが食事を作ってくれました。ダンバーっていう、おなべに入れて焼く、イースト無しのパン? というかケーキ? がとっても美味しかった。
Billy teaというお茶も飲みました。バケツというか、カン詰めの空き缶が大きくなったようなものに、取っ手がついているBillycanというもので淹れるお茶です。お茶の葉を入れて缶をぶんぶんまわすの。そうするとね、遠心力でお茶の葉が沈むんです。
カカドゥーには蟻塚も沢山あります。
ツアー最後の日、ガイドさんがアリをつかまえてきて、
「Bush taka("taka"は「ご飯」の意味)だよーん」
と言って見せてくれて、
「そーだなー、フユキがこれ食べなさい」
チビの私にその担当がまわってきたわけ。
アリはお尻の部分にミツをためています。ミツの色のレモン色のきれいなお尻です。そのお尻を食べるんです。
えーーって思いながら食べたお尻は、、、あーまーかった。。。。
そんな経験をしながら、ワーキングホリデーは終りに近づくのでした。 (投稿者:ふゆき)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2007-01-09 18:05 | オーストラリア


<< ★ユースの白パン ★レストランと自炊 >>