★ウェールズのうなぎ
e0108247_1972294.gif ロンドンの日本料理屋でメニューに「うなぎの蒲焼」っていうのがあったもんで、好奇心も手伝って「どこのうなぎですか?」ってきいてみたら「ウェールズのうなぎです」。
実はウェールズから戻ってきたところだったのですが、向こうではうなぎの話なんか聞かなかったので、好奇心バリバリになって注文してみました。
出てきたのは・・・
えっ? なに? これ、うなぎ???
出されたものをひっくり返してみると、確かにうなぎのようなのですが、味は「佃煮」。
煮しめすぎてうなぎだかあなごだかとにかくスーパー安売りの佃煮。
醤油と砂糖の味しかないのです。
そもそも蒲焼きをロンドンで食べようと思う方が間違っていると言われても、いたしかたありません。
でも、それにしてもウェールズのうなぎって・・・。
あんな佃煮になるほど煮られちまってはうまいかどうかもわかりません。
本当のところ、ウェールズのうなぎの味はいけるのでしょうか?
はてさて20数年来の謎です。 (投稿者:mogさん)

★mogさんのうなぎの佃煮?、九州の実家で作っていたのと似ています。
だぶだぶの醤油と砂糖としょうがで煮たうなぎを、汁ごと、ご飯にかけて食べていました。真っ黒なうなぎでした・・・。
以前九州の人は甘辛いのが好きだとか?聞いたことがあります。
mogさんの行かれたお店の料理人はこちらの出身だったのかも?(カシオペイヤさん)


★日本人おなじみのうなぎの学名は Anguilla japonica 。
しかしウェールズにいるうなぎは別種で、ヨーロッパウナギと呼ばれています。こちらの方が当然先に学名が付いていたため、Anguilla anguilla といいます。何だか、「うなぎの中のうなぎ!」という感じの学名ですね。学名が胸張って「えっへん」してるみたい。(サグレスさん)


=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2007-01-17 20:33 | イギリス


<< ★グアテマラのスパゲティー ★ラオスのスパゲティー・カルボナーラ >>