★ターキッシュ・ディライト
e0108247_1972294.gif トルコのお土産物屋さんで試食・・・
甘くてぷにぷにしてて、ヘンな食べ物!が第一印象でした。
(そして、「どうしてナルニア国物語のエドマンドはこんなお菓子に誘惑されるのか」と思った・・・)
いくつか試食してみて、これはまあおいしいと思えたのがピスタチオ味。
何味かは忘れちゃったけど、ただ甘ったるいだけでとても食べられない・・・と思ったものもありました。(投稿者: はみさん)

e0108247_20375018.jpg★ふゆきが初めてターキッシュデライトにであったのは、かれこれ18年前のオーストラリア。
移民が多い国だからか、普通にショッピングセンターの一角とかにターキッシュデライト屋さんがあったんですよね。
トルコで見るものよりちょっと大き目サイズの色鮮やかなお菓子。
ナルニアの映画化でこのお菓子(プリン!?)話題になった時に、「そいえば日本にターキッシュデライトってないな~」とは思ったのですが、、急に思い立って作ってみました。(右の写真)
あんまり売っているのは見かけない「プレーン」なものです。
ポピュラーなのは何味???
エドマンドが食べてたのは、どんな味のかな???(ふゆき)




★私が初めて食べたのは、友人の海外旅行のお土産として。
ただ甘くって、どこがおいしいの?と思いました。
で、「こんなものにつられるなんて、しょせん子供なんだなあ」と納得(笑)しました。
その次に食べたのは、ナルニアの映画化のおり、東京のデパートのナルニア展に行ってきた友達がくれたもの。
楕円形というか、アーモンドチョコみたいな形をしていて、歯ごたえが全然違う。
ぷにぷにしてなくて、ちょっと歯ごたえがあって。
あれが魔女特製だったとも、ちょっと考えられません(笑)
このブログにはふさわしくないかもしれないけれど、「ターキッシュ・ディライト」に関する私の考察(ってほどのことないけど)はこちら(ajinaomoideかおる@管理人)


★「ターキッシュディライト」あまり評判がよくないようですね。。(笑)
実は私はかなり「お気に入り」です(爆)
「ターキッシュディライト」ってトルコでは「ロクム」と呼びますよね?
(多分同じ物のことを言っていると思うのですが。。。どなたか分かる方いらっしゃいますか?)
「ロクム」と言っても色々あるのです。
シンプルで何も入ってない和菓子の“ぎゅうひ”のようなもの。
ピスタチオやナッツ類が入ったもの、フルーツが入っているもの色々あって迷ってしまいます。
四角っぽい形が一般的かなぁと思います。
食感は「求肥」のような「ゆべし」のような感じでしょうか。
現地のガイドさんによると、美味しい物とあまり美味しくないものとがあるそうで、「試食をしてから購入した方がいいよ」と言われました。
美味しいものは甘さも控えめで本当に上品なお味になってます。
そのガイドさんが連れて行ってくれたお店のロクムは本当に美味しくて何種類も試食が出来ました。
そこで美味しいものを選んで買っていったら、母に大好評でした。
これまでの海外旅行のお土産(お菓子類)はあまり「美味しい」と言ってくれたものはなかったのですが、「これはまた食べたい」。
私自身もなかなかのヒット商品だと思ってます。
私はピスタチオやナッツ入りのものが好きです。
確かに好みがあるのでお口に合わない方もいらっしゃると思いますが、ぜひ美味しいロクムを召しあがって頂きたいなぁと思いました。(MAYUMIさん)


e0108247_19321855.jpg★そうそう、トルコでは「ロクム」で売っていました。
でも土産物用の箱には「ターキッシュディライト」って書いてましたよ^^
←左の写真です(はみさん)


★テレビで「ライオンと魔女」をやっていたので、ターキッシュディライトの外見に大注目して観ました。
エドマンドは白いのと、真っ赤なのを食べてました。形は四角です。(ajinaomoideかおる@管理人)


★ねー、ボンタンアメとターキッシュデライトって似てますよね!?!?!?!(ふゆき)

★そういわれてみれば、似てると思います。
以前、キオスクで見かけると無性に食べたいと思う時期がありました。
ボンタンアメがわりと好きな私だから、ターキッシュデライトも美味しく食べられたのかもしれないですね(笑)
(MAYUMIさん)


★どっちも食しましたが、似てる…かな?
ターキッシュディライトから香料を抜くと、あんみつやあゆ焼きの中に入っている「求肥」であることは確か。(leiraniさん)


e0108247_136497.jpg★ふゆきさんのご感想にうなずいてます。
家人が先日、トルコの地方都市へ行った際、いわゆる現地の人が食べるターキッシュディライトを買ってきてくれましたが、求肥っぽかったですし、ボンタンアメに似ているなあと思いました。
シンプルな味な分、どんどん食べてしまいました。
ナルニアで子供たちが夢中になったのは、きっとこっちのほうなのでしょうね。
お土産用に売られている胡桃入りのものは、ゆべしに似てると思います。
家人はこれで2度目のトルコ訪問だったのですが、初回にはターキッシュディライト中毒みたいになった時期があって、帰国後、自宅分を食べきってしまい、代替品としてゆべしをネット注文してました(汗)。(東風さん)


★↑上の写真↑はスコットランドのオーバンでやっていた「世界うまいもの市」。
ターキッシュディライトがどーんとあったので、反射的に撮ってしまいました。(苦笑)
でも味見してこなかった・・・。ごめん。あんまり甘いものに興味ないんで。
拡大写真は↓下↓です。(ajinaomoideかおる@管理人)

e0108247_1312935.jpg


=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2009-08-14 18:34 | 世界のあちこち


<< ★イギリスのパスタ ★旧東ドイツの謎の飲み物 >>