タグ:清涼飲料 ( 11 ) タグの人気記事
★サトウキビジュース
e0108247_18164733.gif 台湾の高雄郊外を自転車で走っていたとき、いきなりサイレンが鳴り響きました。ビックリしながらも、構わず走ろうとしたら、近くにいた警官にこっぴどく怒られました。
わけがわからなかったけれど、しかたがないので、じっとしていたら、近くにいたバスの運転手のおじさん(公共交通機関もその場でストップしてました)が声をかけてきたので、何が起こったのかと尋ねたら、紙に「防空演習」と書いてくれました。
このオジサン、日本統治時代に日本語を習ったらしく、少しは判るのです。
その人が泥水のようなジュースを飲んでいたので
「ハオニイ?(おいしい?)」
と聞いたら、おお、君ものむか?って感じで1杯御馳走してくれました。
そいつはサトウキビを圧搾機で絞っただけのジュースでした。
なんか青臭い感じはしましたが、くどい甘さではなく美味しかったのは事実です。
お金は?と言ったのですが、頑として受け取ってくれません。
そのオジサン&店の人と、日本から自転車で走りに来たとか、お祭りで早朝から爆竹が鳴ってビックリしたとかいう話をしているうちに、 45分にわたる演習は終了しました。
行こうとしたら、お店の人が、リサイクルであろうペットボトルに入れたサトウキビジュースを1リットルくれました。
それをありがたく頂いた私は、高雄市内に向けて走り出したのでした。 (投稿者:MARIMOさん)



★ベトナムで初めてサトウキビジュースを飲みました。
目の前で絞ってくれた、新鮮そのもののジュース。
自然のやさしい甘さがお気に入りになりました。
・・・泥水に見えますかね。(ajinaomoideかおる@管理人)

e0108247_8163986.jpg





=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2011-06-18 08:37 | 世界のあちこち
★オレンジ100パーセントのジュース
e0108247_1972294.gif イタリアのドライブインで飲んだオレンジジュース。
その場でオレンジを絞るだけなのでぬるくて、氷を入れてほしかった。
脇に角砂糖がおいてあって、ガイドさん曰く
「甘みが足りなかったら入れる」。
天然果汁100%の絞りたてに砂糖入れるっては発想は「?」でした。(投稿者: 大山んばちゃ豆さん)

★ぬるいジュース、、私はけっこう好きかも(←変わり者)(ajinaomoideかおる@管理人)

★古い話なのですが、ロンドンのカムデンロック・マーケットの屋台でしぼりたてオレンジ100%のジュースを飲んだことがあります。
半分に切ったオレンジを圧搾機(?)にはさんでぎゅっとしぼるだけ。
生ぬるいのは気にならなかったけれど、ちょっと皮の苦味が入っているんじゃ・・・って味でした。
飲み残したものを置いておいたら(蓋付きの容器に入れて売っていたのです)、翌日には腐っていました・・・(泣)(はみさん)


★わたしも室温ジュース好きです。たまに氷を1個とか入れたりもしますが。
日本でもむかーし新宿タ△ノでそういうジュースをやっていました。
氷を入れると薄まるので、氷を入れなかったのでしょう。でも見かけなくなりましたが(苦笑)
ジュースに角砂糖いれて、すぐに溶けるものでしょうか?
底にザラメ状態のジュースはイヤかも。(leirani@crannさん)


★そうなんです、角砂糖は溶けにくそうで、一生懸命スプーンで混ぜていた人もいました。(大山んばちゃ豆さん)

=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2009-01-17 12:29 | イタリア
★インカコーラ
e0108247_1972294.gif 名前のとおり、ペルーのコーラです。
オロ○ミンCみたいに黄色くて、コーラとは似ても似つかないもので・・・あまりおいくなかったなぁ。
1ドルくらいしたような気がする。 (投稿者: じゅんさん)


e0108247_20205179.jpg★ペルーではなんとなーくこれを注文してしまうんです。。。
もともと清涼飲料をあまり飲まない上に、甘いものが得意でない私。
なので、普段は飲み残すことが多かったのですが、高山病でバテバテだったティティカカ湖では、身体が積極的にインカコーラを求めました。あのときはとっても美味しくて、1本軽く飲めました♪
体調が戻るにつれてまた飲み残すようになりました(苦笑)
(ajinaomoide かおる@管理人)


=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2008-11-16 08:10 | ペルー
★コーカサスの清涼飲料
e0108247_1972294.gif アゼルバイジャンではソーダ系の飲み物というと梨ソーダが定番製品のようでした。「飲み物はレモネードでいいか」と訊かれて「はい」と答えると梨ソーダが……。レモンじゃないじゃん。
でもグルジアでもアゼルでもソーダは総じてレモネードと呼ばれるようでした。


グルジアの安食堂で飲み物が並んでいるところを指差して頼もうと思ったら、「レモネードでいいんだね、はい」と勝手に選ばれ、日本で言うメロンソーダのような真緑色のを渡されました。「不味くはないんだけど何味かさっぱりわからん」と思っていたら、後日、他の旅行者から「ハーブのソーダだ」と教えられました。ハーブの、って……かなり大雑把ですね。
さらに後日、同じ食堂に入り、レモネードをと頼んだら、今度は薄黄色いのが運ばれました。やはりよくわからなかったのですが、あえて言うならバニラ味でした。



e0108247_19104040.gife0108247_7563247.jpgアルメニアにはファンタオレンジの他にファンタみかんがあります。


ファンタオレンジは日本のと変りません。みかんの方が味が丸くさっぱりしていて、酸味も控えめで、「あ、みかんだな」という味でした。


ファンタマンゴーもあります。ラベルが東南アジアっぽい。


コーカサスのファンタ事情ですが、ファンタオレンジがダントツのトップで、その次がフルーツ何種類かのミックスらしい赤いやつ(昔日本にもあったフルーツパンチかしら)。この二つが定番で、あとはたまにレモンがありました。実は上記のみかんやマンゴーはイェレバンでしか見かけませんでした。(投稿者:夜梅さん)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2008-05-17 07:58 | ロシアと旧ソ連
★オルチャータ
e0108247_18461061.jpge0108247_19104040.gifメキシコでいちばんのお気に入りだった飲み物がこれ。
お米のジュースです。
ええっと驚かれるかもしれないけれど、ほんのり甘くてバニラの香りがして、とっても飲みやすいんです。

スペインにもお米のジュースなんてあったのかな?覚えてないけど、、、と思って、検索してみたら、スペインにもオルチャータという名前の飲み物はあるのだそうな。でも、原材料はお米とはまったく違う植物です。
きっと新大陸に渡ったスペイン人が、ふるさとを懐かしんで、似ている飲み物を発明したんでしょうね。(投稿者: @ajinaomoideかおる@管理人)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2007-11-17 18:56 | メキシコ
★ざくろジュース
e0108247_18164733.gifざくろはチュ二ジアではよく食べられているようで、デザートの付け合せとかフルーツとして食事の時によく見かけました。
添乗員さんの話によると、チュ二ジアのざくろは日本のざくろと違って種がなくて食べやすいのだそうですが、私が食べたのは種があって日本のと同じだった。。。
味的にはまあ、特別美味しいものではないかもしれませんが、プチプチした食感とほのかな甘みが面白い味ですね。
私はけっこう好きなので、食べましたが他の方はあまり食べている方はいませんでした。
どなたかチュニジアで食べた!と言う方はいらっしゃるでしょうか?

ざくろ繋がりで。。。。
これはトズールのホテルでのこと。
なんとこのホテルでウエルカムドリンクのサービスがありました。
これもまた、ホテルの心遣いがうれしくて感激しました。
サービスされたのは、ざくろジュース。
綺麗なピンク色をしていてよく冷やされていたざくろジュースは、疲れきった体にしみこんで、とても美味しかったです。
適度な酸味と甘みがバランスのよい味となっていました。

e0108247_7391591.jpgすごく気に入ったのですが、日本で見かけないのでとても残念です。
チュ二ジアではよく飲まれるのか(?)どうか分からないのですが、ケロアン(カイロアン)のホテルの朝食の時にありました。
もちろん、おかわりして2杯頂きました(笑)
また、チュ二ジアの写真を見るたび、「また飲みたいよ~~(涙」)と思ってしまいます。(投稿者=MAYUMIさん)

★カシュガルの街でも、いたる所で 計り売りをしていました。
秋でしたので、ザクロとブドウがメインでした。
メインバザールでは、ジュースにして飲ませる屋台もありました(右の写真)が、あのコップで飲むのが・・(汗);;
日本では、カゴメ が、ザクロジュース( 100% ) を売っていますよ。(HALLさん)


★シリアでもザクロジュースをこんな感じで飲みました。
また、ザクロの粒がてんこ盛りのサラダも。
当然、両方とも生ですが、美味しくいただきました。(ふるきさん)


=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2007-05-05 07:24 | 中東・イスラム圏
★ミントティー
e0108247_18164733.gifチュニジアでは、どこのカフェでもほとんど必ずと言ってもいいほど、メニューにあるミントティー。
初めて飲んだのは「シディ・ブ・サイド」にて。地中海を見下ろすオープンテラスでした。ロケーションは最高!
小さめなコップに入ったミントティーを口にした時、そのさわやかな風味がとても良かったです。甘党な私でも、かなり甘いと思うほどなのですが、ミントの爽快感が甘さを和らげてくれていて、歩き疲れた体には、とても心地よく染み渡りました。
小さめなコップというのも、ちょうどいい量なのかもしれないですね(笑)あまり量が多いと飽きてくるかもしれないので。。。
とっても美味しく頂きました。病み付きになるほどではないけれど、今でも時々飲みたいなぁと思わせる味でした。


お店によってはアーモンドが入っているところもありました。
アーモンドの風味が微かにして、アーモンドと一緒に食べる(飲む)のも一風変わっていて、美味しかったですよ。 (投稿者:MAYUMIさん)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2007-01-13 15:27 | 中東・イスラム圏
★チェコのグリーンティー
e0108247_1972294.gif チェコのスーパーにて、飲食物を物色していたときのこと。
美しくて、なおかつ、まともな漢字が目の隅に飛び込んできたのです。
反射的に何かと思ってよく見たら「銀杏緑茶」。(左の写真。赤い部分に「銀杏緑茶」と書いてあります。)
へえええ、「銀杏」は「GINKGO」というのね、味見してみたいなあ、でも、こんな大きなパック入りのを買うわけにはいかないし、、、と思ったら、小型ペットボトル入りの「GINKGO入りグリーンティー」もあった!(↓下↓の写真)
大喜びして買いました。



e0108247_1520538.jpge0108247_15202290.jpgホテルに帰って飲んでみたら、なんと炭酸入り!しかも甘い!
緑茶の香りなんか全くせず、フルーツの香りがします。いったいどこがグリーンティーなの?!
ラベルを見ると、「guarana」という謎なフルーツが入っているらしい。
別にまずいわけじゃないのですが、グリーンティーだと思って飲んだ私には「ぎゃふん」でした。
コップにあけて色を確認してみたのですが、どう見てもグリーンじゃない。
もちろんギンナンが入っているわけでもない。(注:ギンナンに入ってて欲しかったという意味ではない)


帰国後、「guarana」を検索してみたら、「ガラナ」というものだということがわかりました。(参考サイトはこちら


最近我が国でも、健康にいいお茶として、イチョウの葉のお茶が話題になっています。それのことなのかなあ。でも、グリーンじゃないグリーンティーってのは、緑茶の国の民としては、納得できないものがあります。
最初のパック入りのやつは緑だったのかなぁ。。。


=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2007-01-13 15:17 | チェコとスロバキア
★中国のコーラ&スプライト
e0108247_1972294.gif 上海2日目に入ったローカルな食堂は、食べたいものの金額を確認し、その分のメダルを買い、各ブースへ注文に戻りメダルで支払うシステムでした。中国語が全くできない私達はそのシステムを理解するまでにしばらくの時間を要し、「無事に」蟹粉でできた小籠包、春巻き、揚げ肉まん、ラーメン、固焼きソバを注文。
さらに現地の人たちのテーブルを覗くとお茶がないので「飲料」を頼みました。 しかし飲料のブースには茶はなかった。
よくマクドナルドやファミリーレストランや漫画喫茶などでみかける清涼飲料水を出す機械の前にいる女性に「どれがいい?」と指をさされ、「そりゃあ、世界共通の飲料、コーラでしょ」とコーラを頼みました。
ええ、マックその他で使うような紙コップにプラスチックのふた(ストローつき)でしたよ。
これまでの上海は女王様旅行でこのようなローカルは絶対禁止、といわれていた私、心ウキウキで食事をしておりました。
小籠包の味をじっくり楽しんだ後の春巻きの油は憧れのローカル。ということで「世界の飲料」を口にした途端、
「ウゲッ」
何?なんなのよ、この薬くささは!
見ると夫も「マズイ」と顔をしかめて「歯磨きの時に口に含んだ水道水の味がする」と。
私はふたを開けて。ありゃりゃー、昨日のお風呂の匂いじゃないの!
コーラの水道割り?なんて思いながら、持っていた水に切り替えて食事終了。(二人でおなか一杯になって35元でした)
店を出てから夫が「店内でコーラを飲んでいたのは現地女性と連れだってやってきた西洋人と我々だけだった」。
(このお店の油とその後訪れた寺の寒さで夫はおなかを壊しました)



3日目:豫園見学後、小籠包で有名なお店が比較的すいているようだったので行こうとしたら、夫が「お腹の調子が良くないので、できればマクドナルドみたいに味が安定しているところへ行きたい」と哀願。「ここの小籠包は有名だからちょっとだけ食べようよ」と言っても「いや、もう中華はいいよ」と。で、マックへ行きました。
私は中国限定メニュー(米粉で包まれた鶏肉と薄いお餅)飲み物はコーラ。彼はビッグマックセットで、飲み物は昨日のことに懲りてスプライト。昨日と同じような機械から飲み物はカップに注がれました。
世界のマクドナルドだもん、今日は大丈夫だよね、と言いながら私達はそれぞれの飲み物を口に。
「なんじゃ、こりゃー」
という気持ちで双方顔を見合わせました。私のコーラは昨日よりはちょっとマシでしたが、夫は「こんなの初めて」と私にスプライトを差し出しました。私は夫のいうことが解からず一口。

修行かと思いました。

舌の上で炭酸をかすかに感じますが、別の意味で舌がしびれる感じ。甘さもほとんどなし。むしろ苦い感じ。
夫は私のコーラを飲み「これだったら文句は言っちゃいけないさ」というので、コーラは夫のものに。もともとあまり飲み物はいらない私は別の飲み物を頼む気持ちも失せておりました。(2005年1月)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2007-01-13 15:11 | 中国・香港・台湾
★ギリシャのコーラ
e0108247_1972294.gif バニラコーラってのがギリシャにありました。
色はフツーのコーラの色なのに、コーラのバニラフロートみたいな味で不思議な気分でした。 (投稿者:MARIMOさん)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
[PR]
by ajinaomoide | 2007-01-13 15:08 | ギリシャ