人気ブログランキング |
タグ:紅茶 ( 5 ) タグの人気記事
★旧東ドイツの謎の飲み物
e0108247_1972294.gif 1979年の東ベルリン(当時)のホテルで朝食を取った時のことです。
コンチネンタルスタイルだからパンとコーヒーだけでいいんですけど、飲み物が謎でした。
ティーバックに入っていて黒っぽいから紅茶だろうと思ったんですけど、ティーバックのヒモを持つところについているタグに"Coffee"と書いてあるんです。淹れると黒くて、味はコーヒーでも紅茶でもない。
ウェイターに"Coffee ? or tea?"と聞いたら"Tea"との返事でしたが、あの飲み物は絶対コーヒーでも紅茶でもなかったぞと今でも思っています。
いったい何だったかは分かりませんが。 (投稿者:あきさん)

★絶対違うよっ、ていうことを前提に書きますが…
それは香港の鴛鴦茶(いんおんちゃ?)では?(爆・爆・爆)
鴛鴦茶は紅茶とコーヒーを混ぜた飲み物です。
「鴛鴦」は音の類似で「陰陽」のこと(二つのものを混ぜたということ)です。
3年位前に香港に行ったときに、結構有名な甘味屋さんで飲んだ鴛鴦茶も、スーパーで買った粉末鴛鴦茶も、あまりに美味しくなかったので、先日の香港再訪の際は高級そうな鴛鴦茶パウダーを買ってきました。
これが職場の友人につまらないほど好評でした。
う~む、ぎゃふんネタって難しいのね。(ゆきみさん)


★なんと! そういうものがあったのですか。それだと納得がいきます。
おかげで四半世紀にわたる疑問が解消しました。(あきさん)


★鴛鴦茶!
中身は、アイスコーヒー+アイスティー(にミルクとガムシロ...笑...)。。。
紅茶のゆったり感と、コーヒーのシャキっと感が、交互に押し寄せる、味覚の妙の新感覚ドリンク!
てなとこでしょうか。。。(笑)
はじめは「なんじゃこりゃ!」となることうけあい(笑)
でも、ハマるかもよぉ。。。
ぜひ香港に行った際には、お試しあれ!(kiri:さん)


★喫茶メニューで「シャンティー」というものに出会ったことがあります。
濃い紅茶とアメリカンをミックスした味で、甘味は自分でガムシロップで調節、ホイップクリームが乗っている冷たい飲み物でした。
美味しかったですよ。
kiri:さんや他の方々の体験よりも、絶対美味しかった(と思います)。
さすがに「おしどり」という名前じゃかっこわるいから、インド風に「シャンティー」としたのでしょうね。(leirani@crannさん)


=====
コメントは掲示板へどうぞ。
by ajinaomoide | 2009-07-10 20:42 | 中国・香港・台湾
★チャイ
e0108247_18164733.gife0108247_9125759.jpgインドのチャイはこってり牛乳で煮出します。
牛乳を沸騰させて、紅茶の葉とお砂糖とを入れて紅茶を入れます。
写真はジンジャーチャイ。
咳をしてたら生姜をつぶしたのと一緒に紅茶を入れてくれました。
お茶を入れる時、お砂糖の量も聞いてくれる人もいます。
生姜が入るとちょっと高くなりこちら5ルピー(15円)
普通は2ルピー(6円)くらい。(2007年)


イランに入るとミルクを入れないチャイになります。ミルク入りはインドだけ?(投稿者: ふゆき)




=====
コメントは掲示板へどうぞ。
by ajinaomoide | 2007-11-11 09:09 | インド
★北欧の紅茶
e0108247_1301740.gif北欧(デンマークとスウェーデン)でちょっと残念だったのは、彼らが大のコーヒー党ということ。(だから作家カレン・ブリクセンもアフリカでコーヒー農園を始めたのかも。)たいてい、宿の朝食には大きな金属のコーヒーポットが置いてあって、自由に飲めるのですが、そのコーヒーがとても濃いのは元々なのか、私が寝坊して遅く行くせいなのか・・・。
コーヒーの国だと知らずに、初めの頃の夕食後に紅茶を頼んだら、わざわざウェイターが木箱を抱えてやってきて、「ハイ、どうぞ!」という感じでカッコよく開くんです。細かく仕切られた中に10種類くらいのティーバッグが。
好きなのを選んで、お湯をもらって、注ぐ。
普通の(安過ぎない)レストランでもそんな感じ。
葉巻じゃないんだからさ、ティーバッグであんなに大げさにしなくっても。
葉っぱの紅茶を見たのは今まで一度だけです。それはリーベという町のホテルの朝食。小さな缶に入った紅茶が確か4種類出てきて選べました。「おぉ、葉っぱの紅茶だ!」と感動。しかもその日は誕生日だった。。 (投稿者:ケルンさん)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
by ajinaomoide | 2007-01-05 18:09 | 北欧
★フランクフルトの紅茶
e0108247_1322874.gif10数年前のフランクフルト空港。
初めての一人旅で、ミュンヘンまで乗り継ぐため、セルフサービスの喫茶店で紅茶を頼みました。
当時私は紅茶が好きで、英語で「レモンもください」と言ったら、袋入りのレモン汁を渡されたのです。それを紅茶に入れたら、あっという間に妙な色に・・・。
周りには日本人は一人もいない場所で、どうしていいかもわからずその紅茶を飲みました。飲みながら、本当に今は自分ひとりなんだなと心細く思った(若い)私でした・・・。
その後、ドイツの語学学校での朝食に出たコーヒーの美味しさに目覚め、以来ドイツでは必ずコーヒーを注文するようになり、深煎りコーヒーにハマっていくきっかけになったのでした。
(投稿者:東風さん)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
by ajinaomoide | 2007-01-05 18:06 | ドイツ・オーストリア
★ザルツブルクの紅茶
e0108247_1335937.gif「ザルツブルクの丘の上の古城ホテルでティータイム♪」というのがくぅこと私の計画だったのです。そして、オーストリア名物(?)アップフェルシュトゥルーデルをいただきましょうと…
古城ホテルはこじんまりとして素敵、その中のカフェもおしゃれで気持ちのよい空間、お菓子も美味しい、その上ギャルソンが愛想がよくてハンサム、といいことづくめだったのに、紅茶がーーー!!!
お茶漉しの上にてんこ盛になった茶葉の上からお湯を注ぐ方式だったのです。もぉ、がっかり。
(投稿者:ゆきみさん)



=====
コメントは掲示板へどうぞ。
by ajinaomoide | 2007-01-05 18:05 | ドイツ・オーストリア